最前線☆アイホンのナースコール

ホーム > アイホンのナースコールとは > PHSからスマートホンへと発達したアイホン製等のナースコールシステム

PHSからスマートホンへと発達したアイホン製等のナースコールシステム

 携帯電話が行き渡ってから病院内で医師、あるいは看護師を呼び出す為の通信端末という形で広範囲に使用されるようになったのがPHSになります。
携帯電話につきましては、ペースメーカーといった医療機器に対しての悪い影響が指摘されていたことから、おおよその病院で建物の中での利用が禁止されていて、医療に適した通信端末としてPHSを活用するのが通例でした。
近頃では、電磁波といった影響がさほど大きくないと考えられた結果、機内モードの状態で航空機においての利用も認められる状況にあり、病院内専門で利用することができるものも販売されています。
看護師に対してPHS端末が配られると、移動している間であっても病を患っている方のナースコールを受けてレスポンスすることができ、緊急応対でナースステーションが空の状況になってもナースコールを放置することもなくなりました。

 しかしながら、既存のPHSについては、呼び出しを行った病を患っている方の病室を把握することしかできず、結局のところナースステーションにおいて病室をチェックしてから病を患っている方のもとへ急いで行って状況を確かめ、どうしても必要な事前準備や応対をスタートしなければならないというタイム的なロスの解決にはなりませんでした。
それに加えて、病を患っている方個人と連絡が取れることになっても、一回でコミュニケーションができるのはたった一人であり、多発的にナースコールがなった場合の応対も容易ではなかったという事情がありました。
したがって、多発的にナースコールが鳴った場合に早急に対応することができるシステムの構築が医療の現場で要求が高まりました。
こうしたニーズからシステムは次の段階へと進化するようになります。

 アイホン製などのナースコールシステムがなお一層レベルアップすると、呼び出しと共に病を患っている方個人の名前そして所在それから、呼び出しすることになった理由や状態などを院内の情報システムとも手を組んで的確に対応をすることができるスマートフォンが現れました。
スマートフォンにおいては、GPSに関する機能が装備されており、位置についての情報を確認することもできます。
看護師の現在においての位置もしくは業務内容がつかみやすくなり、医院内の動線の改善に結びつけることも可能となっています。
その結果、病院内のスタッフの業務効率が大きく改善されています。
それに加えて、まとめて15台をオーバーするスマートフォンに対して呼び出すことができることから、担当している看護師が手が離せない場合のバックアップもしやすくなっています。

次の記事へ

カテゴリー